Contact us now
+1-888-846-1732

faxdmを作る際のポイントはこれだ

faxdmは業者が用意しているリストの中から、自分たちが提供する商品、サービスに合致しそうな会社などを選び、そこに送信するというもので、昔から使われている広告の1つです。効果が高いことから多くの企業で使われてきていますが、ここで気を付けたいのは相手の反応です。

faxdmが送られてくることで、こういった商品が出たのか、このサービスは利用してみたいと思う会社も当然存在しますが、反対になぜ送られてきたのか、ちょっと迷惑だと思ってしまうところがあるのも事実です。しかし、同じような内容でも書き方次第で反応が真逆になることも多々あります。faxdmで大事なことはただ送ることではなく、その内容、書き方であることがよくわかるだけでなく、faxそのものの特性を知ることが大切です。

相手のインク、紙を利用することを考える

普通のダイレクトメールであれば、ハガキは当然こちらが用意するため、相手としてはいらなければ廃棄すればいいだけのことです。しかし、faxdmは相手の紙、インクを使用することになります。コスト削減でコピー用紙の裏側の紙を使うことすら求められる昨今、むやみに相手の紙、インクを使用するfaxdmを送ることは、広告以前に印象が良くありません。

そうしたことを踏まえたうえで、faxdmを制作する必要があります。例えば、クレームを減らすために不要の場合にはfax番号だけ書いてもらって返信してもらうやり方や送る時間に気を付ける、誰を対象としているのか目につきやすいところに書いておくといったことが求められます。こうした最低限のルールをまずは守り、そこから内容に入っていきます。

分かりやすいキャッチコピーで心をつかむ

faxdmの場合、最も大事なことは中身を読んでもらうということです。いくら有益なことが書いてあったとしても、文字だらけでは誰も読もうとはしません。そこで、一番最初に多少大きな文字でキャッチコピーを作り、興味を持たせることが求められます。その際に、送信した人の顔などが出てくることでさらに興味を持たせることが可能です。

肝心の内容に関しても、簡潔に、それでいて興味をグッと引き寄せるようなものであることが大切です。そして、商品を説明し、今ならこれだけの費用で十分であるというお得感を出すこと、申し込みや問い合わせのやり方を簡潔に説明することで複雑なステップもなく問い合わせができることを伝えることなどをすれば、反応率も上がります。もし、自分の会社にfaxdmが来て、どのようなものであればいいのかということをイメージすることが重要です。

キャンペーン修了間近に追い込みのDMを出すなど、他の媒体に真似のできない動きが可能! faxdmは費用対効果の優れた広告ツール。 faxdmの効果的な使い方がわかる無料セミナーを開催中! fax一斉配信事業を初めてから27年の実績があります。 他の広告に比べて、faxdmはターゲットからの反響が早いのが特徴です。 faxdmは見込み客の開拓に適した広告ツールです。 faxdmの国内シェアNO.1ならネクスウェイ