Contact us now
+1-888-846-1732

受信者を惹き付けるfaxdmとはどんなものか

faxdmという広告方法をご存知でしょうか。見込み客に対してファックスでダイレクトメールを送信することです。送り先のファックス番号リストと、送信機器、広告原稿があればすぐにfaxdmを送ることができます。1通10円程度で済み、方法・価格ともに負担の少ない方法です。
faxdmは集客や販売促進、プレスリリースによく使われます。コストがかからないため、立ち上げたばかりの法人の新規開拓にも適しています。
ファックスによる広告は時代遅れの印象もありますが、インターネット時代となった今でも一定の効果があります。場合によってはメール配信やウェブ広告よりも相手を惹き付けることができます。そのためには、ファックスの強みを知り、広告原稿の作り方のコツを習得する必要があります。

ファックスの強みを生かしたfaxdm

広告媒体には紙とインターネットがあります。どちらも定着した広告方法ですが、デメリットもあります。
紙媒体広告で代表的なものは封書やハガキです。封書は開封せずに処分されてしまう恐れがあり、広告としては効果が薄いです。宛名を印刷して1通ずつ貼り付けるのにも手間がかかります。
これらのデメリットはメール配信広告も同様です。メール配信では他の多数のメールの中に埋もれてしまうこともあります。ウェブ広告ではバナーや記事のほか、動画のような紙では実現できない高度な広告を作ることができますが、その分手間もコストもかかります。
faxdmはこうしたデメリットを解消します。まずコストについては前述したように1通10円程度で済みます。送信するときは番号を入力するだけなので、宛名入力ほどの手間がかかりません。内容が見える状態で送信されるので、開封されずに処分されることは起こりません。

内容を読んでもらうための原稿の書き方

しかし肝心の広告内容に魅力がなければ、相手側もfaxdmをちらりと見ただけで処分してしまいます。そこで、相手にとって魅力的な原稿を書く必要があります。
faxdmは通常A4サイズの紙一枚で送ります。そこに小さな文字が並んでいると、読む気がなくなってくるでしょう。キャッチコピーは大きめの文字、キーワードは太字にするなど、文字に注目しやすくする工夫が必要です。すべて白黒で印字されるため、すっきりしたレイアウトにします。人物の写真は読み手の目を惹き付けるポイントになるので、商品やプロジェクトにかかわる人の顔写真を載せるとよいでしょう。レイアウトや文章の指導・添削を外部に依頼すると完成度が高まります。
原稿作成は基本的にパソコンを使いますが、最後に手書きで一言添えると、全体のメッセージ性を高めることができます。
faxdmのメリットを存分に生かせば、見込み客を惹き付けることは間違いないでしょう。